サイト名

ファッションスペシャリストを目指して
開校60年の信頼と実績
〒980-0021 仙台市青葉区中央3丁目4-8
TEL:022-227-1345

トップ > 学校案内(歴史・沿革)

ご挨拶

ファッションを学ぶことは、あらゆる分野で活躍できる感性を学ぶことと考えます。

ファッション教育は、服飾造形という服作りの分野と、ファッションに関する専門知識を学ぶことにあります。宮城文化服装専門学校は、基本的な服作りを通して、作る大変さと、作る喜を体験しながら、真にファッションが分かる優れた人材を育成する学校として60年の歴史を持ち、これまで1万5千名ほどの卒業生を輩出しております。ファッションを学ぶことは、ファッション分野に限らず、現代社会で今まさに必要とされている、物事をクリエイトしていく企画力や感性を身に着けるということになります。あらゆる分野に力を発揮できる、ファッションの世界に挑戦してみませんか。

技術と知識を学ぶことの大切さ

本校はファッションの分野で実力をもって活躍できるプロを育成することに力入れております。服作りの技術習得は、服そのものが分かるという強みになります。そして専門知識を加えることによりファッション界で活躍することが出来る人材となります。私も文化服装学院の学生の時に習得した服作りの技術は今でもあらゆる分野に生かすことが出来ています。技術は一生消えることはありません。
宮城文化服装専門学校で確かな技術と知識を身につけてファッション界に挑戦して欲しいと願っています。

沿革

1957宮城文化服装学院開校 文化服装学院連鎖校認可
1959第2校舎(地上3階)完成
1964装苑40周年ヨーロッパ服装視察団員として、院長2ヶ月渡欧
1965院長(現名誉校長)パリ留学
1967創立10周年を迎える
創立10周年記念ファッション・ショー開催(ピエール・カルダン チーフカッター)アンドレ・デジユウ氏招く
1969院長(現名誉校長)パリ留学(エコール・ド・モード ゲール・ラビニュー)
1970第4校舎(地上4階)完成
院長(現名誉校長)パリ留学(ジョフリアン・J・バイスル)
1973中央校舎開校(一番町3-6-1 旧 佐々重ビル6階)
1975‘75~’76年秋冬ファッション・ショー
1976新制専門学校として宮城県より認可、宮城文化服装専門学校となる。
1977中央校舎増設
創立20周年を迎える
創立20周年記念ファッション・ショー開催
1980ソーイング専科設置
1981きもの芸術科設置
1982ファッション流通科設置
1983服装科、ファッションビジネス科、ファッションデザイン科、ファッションスペシャリスト科を設置、新学科編成とする
1985学校長(現名誉校長)、仙台市より市政功労賞、文部大臣より教育功労賞を受ける
NDCショーを仙台で学校長(現名誉校長)が実行委員長として開催
1986第1校舎、第3校舎改築
1987創立30周年を迎える
創立30周年記念ファッション・ショー開催
中央校舎増改築
1988中央校舎増設
1989総合ビジネス科設置 学校長(現名誉校長)、藍綬褒章受章
1992創立35周年を迎える
創立35周年記念ファッション・ショー開催
1995第1校舎建て替え新築
1997創立40周年を迎える 創立40周年記念ファッション・ショー開催 学校長(現名誉校長)、勲五等宝冠章受章 学校長(現名誉校長)、『旅とコレクション』出版
1998世界の民族衣装・人形・手工芸展開催
2001新校舎(地上4階地下1階)完成
2002創立45周年を迎える
創立45周年記念ファッション・ショー開催
2003学生寮(文化寮)完成
2005学校長、専修学校教育功労章文部科学大臣表彰受章
2006学校長、在仙台フランス名誉領事就任 仙台フランス名誉領事館開設
2017創立50周年を迎える
創立50周年記念ファッション・ショー開催
20104つのコースを新設
2012創立55周年を迎える
名誉校長 飯岡 絹子 校長 飯岡 智
2014学校長 飯岡 智がフランス共和国より国家功労賞勲章コマンドゥール賞を受賞
2016スタイリスト科設置
2017学校法人守末学園と統合

学校案内メニュー

ピックアップ

SNS

姉妹校

ページのトップへ戻る