1. ホーム
  2. よくある質問

よくある質問

■学校について

貴校は認可校ですか?

認可校です。宮城文化服装専門学校は「専門学校」という制度がはじまる前の1957年(昭和32年)に宮城文化服装学院として開校いたしました。その後、専門学校という制度が施行された1976年(昭和51年)に認可を受けると同時に校名を宮城文化服装専門学校に改名しました。

推薦制度、奨学金制度はありますか?

推薦制度はございます。奨学金制度は日本学生支援機構をはじめとする奨学金制度を採用しております。詳細は参照ページをご覧下さい。

他の学校には無いものはありますか?

学校の歴史や知名度から外部から様々な依頼を受けます。それらは通常の学校では体験できない貴重な機会となっております。例として「ベガルタ仙台公式キャラクターベガッ太君 ユニホーム制作」「SENDAI光のページェント衣裳協力」「東北コレクション フィッター・制作手伝い」等があります。依頼の一部はPC用ページで確認できます。

■オープンキャンパスについて

オープンキャンパスのページにてご確認下さい。

■授業について

服づくりが苦手(やったことがない)ですが、授業についていけるのでしょうか?

服づくりへの興味は必要ですが、技術に関しては皆さんゼロからのスタートということで、基礎から指導いたしますので安心してください。

デザインに興味があるのですが、絵が苦手なので無理ですよね?

絵についても基礎から何度も何度も繰り返して学習していきますので上手に書けるようになっていきます。デザイナーに必要なのは絵の上手い下手よりも豊かな発想がなによりも大切です。

:メイク・美容の授業はありますか?

カリキュラムの中には組み込まれていませんが、ファッションショーの時などにメイクをする機会は沢山あります。

ファッションの勉強をしたいのですが、どの学科に入ればいいのかわかりません。

ファッション関係の職業にはどのようなものがあるかご存知ですか?まず、どのような職業があるかを調べてみましょう。すでに希望職種がある場合も一度調べてみることをお勧めいたします。まだ知らない職種があるかもしれません。その上で希望職種が決まったらどの学科が適しているかを考えてください。それでも迷う場合は遠慮なく学校にご相談ください。

■夜間部について

二部服装科のページにてご確認下さい。

■就職について

求人(就職)は東京からも来ますか?

東京からも求人は来ております。年によって違いはありますが毎年卒業生の3割位は東京に就職しております。

就職指導はどのように行っていますか?

履歴書やエントリーシートの書き方、面接練習等、1つ1つを指導しています。希望すれば随時個別に対応しております。

卒業してすぐに○○になれますか?

デザイナー・スタイリスト・バイヤー等の職業は、卒業してすぐになれるものではなく、卒業してアパレル会社に就職し、何年か経験した後になれる職業です。

■入学前について

高校生のうちに準備をしておくべき事はありますか?

専門知識は入学してからでも十分に間に合いますので、ミシンなども事前に購入する必要はありません。そのかわり、一般教養は礼儀・マナーを入学前から勉強しておくと、就職の時に必ず役に立ちます。

入学試験はありますか?・

基本的には書類選考のみとなります。欠席が多い方や大きな病気を持っている方などは確認の意味で面接を行う場合があります。

入学式はどのような服装で行けばよいですか?

入学式は正式な式となります。スーツ等式に準ずる服装でご出席ください。しかし、スーツ等をお持ちでない場合は私服でもかまいません。

■その他

東京の文化服装学院には編入できますか?

2年間が終わってから編入できます。

卒業作品ファッションショーは一般でも見ることができますか?・

一般の方の見学も歓迎しております。事前予約は必要ありません。日時等の詳細に関してはホームページや>FacebookLINEにてお知らせしております。

その他疑問等がございましたら遠慮なくお問い合わせください。